2018年の振り返り

2018年最後のポスト、1年間の活動を振り返ります。

サマリー

  • 発表: 6回
  • 記事: 3本
  • アプリ開発: 3本
  • ハッカソン: 1回

発表 6回

2018.02 Agile & DevOps 勉強会 - @lulzneko & @lopburny

クローズドな Agile & DevOps 勉強会で スマートデバイス と クラウドサービス を 自動パーソナライズする IoT バックエンド開発チームにおける Agile と DevOps プラクティス の 発表をしました。

タイトルが長くでピンとこないのは、オリジナルのタイトルは製品名が入っていたからで、公開に当たって製品名を外す必要があったからになります。

ベースとなる話は昨年の Serverlessconf Tokyo 2017 で 発表した ava チームが選択した TypeScript による AWS Lambda 開発 に なり、Java で 開発していたプラットフォームを TypeScript で 開発しなおすという大手術をしたプロジェクトでどのような Agile & DevOps で やっていたのかということを話しました。

私たちとしては必要に駆られてのことでしたが、途中でプログラミング言語を切り替えるというのは衝撃を受けたというほか、そのようなことができる人たちがいるということに驚いたと言われ開発者として誇らしく感じ、そして必要なことであれば、どのような困難でも真正面から取り組んでいくスタイルは ずっとキープしていきたいと改めて感じるイベントでした。

2018.05 JJUG CCC 2018 Spring - @lulzneko

日本最大のJavaコミュニティイベント JJUG CCC で Java から TypeScript へ 切り替えて加速するサーバーレス開発 の 発表をしました。

Java の コミュニティで「Java を やめて TypeScript を 選びました」という主旨の発表になり、かなり緊張しながら入室したことを覚えています。
仕事では Java で ずっとやってきて、よく勉強でお世話になっていた会に、このような立場で発表するとは思っていませんでした。

会場は満員御礼で立ち見でも聞いてくださる方も多く、そして熱心に耳を傾けてくださり発表者冥利に尽きる会でした。

内容については賛否両論、手厳しい指摘も上がっていましたが、新たなる可能性についての話につなげられたと思っています。

批判や厳しい指摘を恐れず、発信したいことはしっかり話す。そして議論へつなげ盛り上げることの大切さを実感できた会だと感じました。

発表について1つ反省点が、タイトルは「Java から TypeScript へ 切り替えて加速する」としているのに、「Java と TypeScript の 親和性」についての話になっていたなと。資料を書いているうちに、どんどんアイデアが膨らんでしまうのに気をつけねば。。

2018.06 SPAJAM 2018 東京D予選 - @lulzneko & @lopburny & @javaponny

日本最高峰のアプリクリエイター競技会 の スマートフォン アプリ ハッカソン SPAJAM。ハッカソンの内容については後述、ここでは発表パートについて。

リアルタイム の 競演 と 参加型観戦 で 音楽を最高に楽しむ🎶 「ラップ、タップ、アップ」 で 発表しました。

徹夜でアプリ開発をしたあとの発表会。体力的にも集中力的にも かなり厳しかった。スライドに何を書くのかとても苦戦しました。

一方で話し始めるとランナーズハイならぬスピーカーズハイとでもいうような高揚感で、今までの発表の中で一番ノッテいたと思います。

発表の神様が降りてきてくださった、そんな発表でした。
このような発表を毎回できるように精進しようと心から思いました。

進行より東京D予選は最難関と言われていましたが、どのチームも素晴らしい発表をされており、最高の発表をライバルの立場として体験させてもらえたことに感謝です。

2018.09 Serverlessconf Tokyo 2018 - @lulzneko & @lopburny & @javaponny

サーバーレスアーキテクチャを用いたアプリケーション構築における知見の共有を目的とした、コミュニティ主導の技術カンファレンス で、リアルタイム動画ラップ バトル アプリを 短時間で作り上げた完全サーバーレスな秘技 の 発表をしました。

Serverlessconf Tokyo は Riotz.works の 原点ともいえるイベントで、2017年のイベントで発表させていただいたのが Riotz.works の 始まりになります。

SPAJAM で 作ったアプリは フル・サーバーレス で できており、サーバーレスで戦ったからこそ、優秀賞 を 受賞することができたと思っています。
そのサーバーレスの素晴らしさをハッカソンという観点からお伝え出来たのではないでしょうか。

今回の会場は東京タワーのスタジオで 25m プール 1面分という超巨大スクリーンでの発表でした。

このような会場は初めてで緊張したものの、発表する楽しさを強烈に実感できる場所でした。また このような場所で発表に臨めるよう技術と活動をしっかり行っていこうと思いました。

Vue Fes Japan 2018 Reject Conference - @lulzneko & @lopburny

日本で初めて開催する大規模 Vue.js カンファレンス で Vue.js/Nuxt.js で 実現できた PWA の リアルタイム動画ラップ バトル アプリ の リジェクトコン で 発表しました。

プレイドさん の オフィスで開催され、芝生スペースという素敵な場所でした。
フロント系のイベントは初めての参加で、今まで参加してきたイベントとは雰囲気が違う感じを受けましたが、楽しさはかわらず、技術イベントはいいなぁと再認しました。

懇親会では多くの方々と話をする機会がありとても楽しかったです。

東京 Node 学園祭 2018 - @lulzneko & @lopburny

年に一度、真剣に学んで楽しもう! 日本最大のNode.jsカンファレンス! で Vue.js/Nuxt.js で 実現できた PWA の リアルタイム動画ラップ バトル アプリ の 発表をしました。

TypeScript で サーバーレス を 推している身として Node.js の 総本山ともいえるイベントでお話しできるのは最高の体験でした。

記事 3本

こちらは全然かけなかったので反省です。
とくに TypeScript の スターター記事を書き始めたのに2回で止まってしまった。

引き続き TypeScript で サーバーレス は 推していきたいので、しっかり記事を書いて発信していくとともに、Nuxt.js や Gridsome などを使い始めているので、こちらも情報発信をやっていけるようにしたいです。

活動の仕方を見直して、記事を書く時間をしっかりとるようにしたいです。

アプリ開発 3本

まだ公開できないプロトタイプが1本ありますが、3本作れたのはよかったです。

ラップはハッカソン制作作品ですが、少しずつ機能追加などもやっていて、引き続きいろいろな機能を追加したり、面白いことを試せたらと思っています。

ウェブサイトは Gridsome を 使ってリニューアルしました。 Slides と Articles の 引っ越しはできていませんが、リニューアルで 念願だった Works と Engineers
が 追加できました。
Gridsome は JAM Stack として面白いので、ちゃんと使いこなせるようにしつつ情報発信をしていきたいと感がています。

ハッカソン 1回 - @lulzneko & @lopburny & @javaponny

SPAJAM の スマートフォン アプリ ハッカソン に 参加しました。
自分自身も、Riotz の メンバー 全員 で 初めてハッカソンに参加した記念すべきイベントでした。

5人でチーム編成のところ、Riotz は 3人とチャレンジングな参加でしたが、サーバーサイド は サーバーレスという武器を活かすことでチャレンジできる、そしてアプリ側もネイティブではなく敢えて PWA を 使うことで持てる技術を最大限に生かせることで戦えると考えていました。

とはいえ、日本最高峰のアプリクリエイター競技会 を 謳っているイベントであり、参加した 東京D予選 ドワンゴ会場 は 最難関の予選会場(進行談) とのことで、すごい人、すごいチームばかりでした。

午前のチームを超えて全体でのアイデアソンではポンポンすごいアイデアを出す方、発表の時間では今すぐ公開可能レベルのアプリ、TED 会場かと錯覚するプレゼン、参加者のとてつもないレベルに面食らいました。

当日発表の「音楽」というテーマに対して、メジャーからストリート、Google Home に Spotify に Tシャツ制作サービス連携、スマホのあらゆる機能活用と、想定しきれないありとあらゆるものがそろっていたと思っています。

Riotz.works は 幸いにして 優秀賞 を いただけましたが、どのチームがとってもおかしくない、最難関の予選会場(進行談) だったのではないでしょうか。

そのような方々とアイデアと技術を競えたことに感謝です。
ハッカソンは初めての参加でしたが、このような最高に高揚し意地を張れる場所に、多く参加できるよう技術の研鑽と戦うマインドをキープしていきたいと思う場でした。


この1年は Riotz.works が 発足して、ほぼ1年と半分。

多くの場所でお話しさせていただきました。サーバーレスはアプリ開発にとって最強の武器」を 標語に活動してきた自分たちの思いを沢山をお伝え出来たのかなと思っています。

一方で残していけるはずの記事がたくさん作れなかったことは反省です。
話をすること、文章を書くこと、どちらも凄く好きなのは、今文章を書いていて感じていますが、時間を作ることが下手だったのかなと。
この辺は来年に向けて改善をしっかり考えていこうと思います。

よかったところを伸ばし、反省点を見直して次の年へ繋げられるよう頑張ります。

よい お年を。

Author: lulzneko